宅地建物取引業法 を克服する

宅地建物取引業法は不動産業を営む際に、業務に直接関係のある法律となります。

宅建の試験ものこの業法から毎年16問出題されています。
科目の中でももっとも出題数が多くなっていますので、取りこぼしはできません。
語句だけを覚えるのではなく、それがきちんと説明できるのかどうかを見る問題、細かいところを突くような問題などもあります。
毎年の傾向としては、免許基準であるとか、報酬額の制限、重要事項の説明などは毎年必ず出題されています。
必ず出る問題ですから取りこぼしは厳禁です。
全部覚えることが億劫であるとか大変だと感じた人は、過去問できれば過去10年の問題集をひっくり返して全て暗記するくらいの努力は必要です。

ここ数年の宅建の問題の傾向として、長文を使って判例形式の出題が多く、読解力を求められるような問題も多くなっています。
しかし、長文の問題ほど答えはシンプルなものが多く焦らずにじっくりと読めば問題なく答えられるようになっています。

この業法の問題を確実に答えておくとあとが非常に楽です。
ここで確実に得点ができれば、合格へ半分近づいたことになります。
国家試験の場合、解けるのに解けなかったというのは取りこぼしとなり命取りとなりかねません。
宅地建物取引業法は宅建の基本となる業法です。
ここでわからないのも問題ですし、苦手にしておうと資格を取ってからも苦労します。
苦手意識なく確実に得点ができるように勉強しておかなくてはいけません。